アパート経営で初心者が失敗するよくある話

アパート経営は、初心者が行うとほとんどの方が失敗します。

なぜなら、アパート経営は初期投資の金額も多く、利益を出すのが難しい。家賃収入を夢見てアパート経営を行う方は多いですが、そんなに人生甘くはありません。

よく考えて行動しないと損をするのです。当たり前にことですが、多くの方はこのことを知っているようで理解していません。

なので、ここではアパート経営で初心者が行いやすい失敗や注意点を述べたいと思います。

少しでもこれからアパート経営を行う方の役に立てれば幸いです。

アパート経営で初心者が犯す最大のミス

賃貸の経営で初心者が失敗する理由としては、アパートを建てれば家賃収入を得られて儲かると思っているところです。正直言って、数多くアパートが建設している中で、ほかのライバルを差し置いて利益を出すのはそう簡単ではありません。

立地、家賃の値段、デザイン性などのすべての要素がある程度の基準を超える必要があります。

それでも新築時は、建物も新しいので入居者は集まります。

デザインや内装は新しいと綺麗なので、居住者も住んでいて気持ちがいいですよね。

しかし、築年数が10年、20年を経過すると新しかったものも古くなり、修繕の必要性が出ます。当然、徐々に人気がなくなるので、空室の割合も増えてきます。

こう言った部分がアパートに難しさであり、初心者が失敗しやすい部分です。アパート経営はあなたが起こっている以上に簡単ではないのでそのことを忘れないようにしてください。

アパート経営で利益が出るまで

アパート経営は、ほとんどの方が借金をします。建設費用は数千万年単位になり、土地がない場合は億単位になることもあります。

この費用をローンで返済しつつ、その金額を家賃収入で上回らなければいけません。

たとえば、月々のローンの支払いが20万円だと仮定する場合、その費用を家賃収入が上回らなければ儲からないです。

空室率が高い場合、赤字になることもありますよね。これでは意味がありません。賃貸経営はボランティアではないので、儲からなければ意味がないです。

数千万円を投資して、それを回収しなければいけないのです。アパート経営を行う際は、このことを覚えておきましょう。

古くなると経営が厳しくなる

先ほどもお伝えしたように、古くなると利益が出にくくなります。

ライバルの新築アパートにはどうしても外観や内装、機能性などが劣るからです。同じ家賃なら綺麗な方を選びますよね。

このことを考慮した上でアパート経営でよくあるのが、最初の20年は黒字でもその後が赤字になるケースです。

その結果、最終的に損をする方はかなり多いですね。

なので、アパート経営を行えば儲かるという甘い認識を捨てるようにしてください。

集客に力を入れる

アパート経営は、入居者がいなければ利益は出ません。最悪の場合、損をします。